kumayamの日記

映画、音楽、旅行にうつつを抜かしながら、とくに英語と働くことについて考えてみます。

Conversation exchangeで知り合った外国人と会ってきた話1

めちゃくちゃ久しぶりの更新です。

最近、いろいろと動きが出てきたので記録として、また英語力向上に興味のある方に参考にしてもらえればと思ってブログを書きます

 

以前から英語のスピーキング力をあげたいと思っていたのですが、その方法として

  1. 英会話スクールに通う
  2. 外国人の友達を作る

という、まあ別に箇条書きにしなくてもいいんですけど(笑) 二つの方法をあげてました。これ以外ほんと思いつかない。音読とか、言われてるけど、おもしろくないでしょ一人で音読してたって。。。

実はいろいろと試行錯誤してたとき、音読パッケージという英検2級のリスニング問題から抜粋した各パート30秒程度の音声が入ってるCDと英文が書かれてあるテキストを買って、暇あれば音読してたんです。

それは世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法っていう本を読んで、やっぱり音読か~なんて思って、真剣に音読してみようかな~と思ったのがきっかけです。

パート40くらいまで頑張ったんですよ! 各30秒程度の英文を完璧に暗唱して英語のリズムが感じられるまで音読できるようになるまで!

でも、それ以降は続きませんでした。忙しい時間の合間を見つけて音読したって効果を実感する場所がないとモチベーションが続かなかったからです。

前置きが長くなりましたが、そこで考えたのが、上記の2つの方法です! 目的は英語をもっともっと喋れるようになること!じゃあ手段からそうしたらいいじゃないか!というのが僕の出した結論です。

で、一人で粛々と音読をしたりあれやこれやといろんな教材に手を出すことに使う時間を「外国人の友達を作る」ことに全力投球しました。

そこで活用したのが2つのサイト

Conversation exchangemy language exchangeです。これらのサイトは簡単に言うと、たとえば「日本語を習得したい英語ネイティブ」と「英語を習得したい日本語ネイティブ」は需給が一致してるよね、ここでチャットを通して気が合えば個人的に友達になっちゃってください←っていうサービス。

もちろん、スペイン語を習得したいフランス語ネイティブとか、アラブ語を習得したいポルトガル語ネイティブもいます。みんなそれぞれ自分にぴったりなパートナーを探してるっていうわけです。

実際にどちらも使ってみて個人的におすすめなのはConversation exchange。my language exchangeのほうは、まずサイトのデザインが古臭い。あんまり使いたいな~って気分にならない。こういうのってわりと大事だと思う。あとせっかく良さそうな人を見つけても、メッセージを送るためには有料の会員登録をしないといけない。

Conversation exchangeは、まあまあ新しくもなく古くもないんですけど、とりあえず無料でメッセージのやりとりができます。登録者数的には正直都市に住んでるか地方に住んでるかでだいぶ変わってくると思います。

僕の場合、やっぱり最終的に「継続的に会って話す」ことがゴールだったので、近くに住んでいることが条件でした。

Conversation exchangeで条件を入れて検索すると、1件だけヒット!22歳のアメリカ国籍で日本語を勉強しているALTの女の子でした。

※ALT・・・中学校や高校で英語の授業をするために働いているネイティブ。

その子とのやりとりを、次回のエントリで詳しく載せたいと思います。どうせなら実際に知り合って会うまでのやりとりが具体的な方がイメージが湧くと思って。

なので、何回かに分かれると思いますが、よろしくお願いします。